ぼっちはかわいそうなのか?考えてみた結果、どうでもよくなった。

こんにちは、ひびのです。

本日のお悩み
  • ぼっちはかわいそうなのか?
  • ぼっちであることが受け入れられない
  • 自分の人生が惨めに感じる



突然ですけど、ぼっちの人を見てどう思います?かわいそうだと思いますか?

僕はアラフォーぼっちなんですけど、たまに悩んじゃう時がありますね。1人でいることは楽なんですけど、なんか物足りないというか、満たされないというか・・・

しかし、今更まったく違う生き方は出来ないですからねぇ。最近思っていることをまとめてみたので、ゆるーくご覧になってみてください。

ひびの

それではいきましょう!


目次

ぼっちはかわいそうなのか?



この問いの答えは、誰の視点で見るかによって変わります。

例えば、若くして結婚した人からすれば、自由に生きているぼっちの人が羨ましく思えます。

友達に囲まれている人や、幸せな家庭を築いている人からすれば、ぼっちの人はかわいそうに思えるでしょう。

ですので、自分が他人からかわいそうだと思われているかどうかは、さほど重要ではありません。

自分自身がどう思っているか

重要なことは、ぼっちである自分を自分自身がどう思っているかです。

  1. ぼっちになりたくてなっている人
  2. 性格上、仕方なくぼっちになっている人


この2つには大きな違いがあります。

僕もそうなんですけど、性格上仕方なくぼっちになっている人は、他人を見てメンタルが落ち込みやすいです。

幸せそうなカップルや家族を見ると、羨ましくて、自分の人生が情けなく感じます。

なかなか現実を受け入れられず、気付けばアラフォー独身。

ぼっちでいる時間があまりに長いので、人と接することがものすごく億劫になってしまいました。

飲み会などに誘われても(ほとんど誘われることはありませんが)、イマイチ行く気になれません。

知らない人がいる場合は余計に腰が重くなってしまいますね。まぁ行ったら行ったで楽しいんでしょうけどねぇ。

どうしても家に引きこもってしまいます。


人と接すると、良いことばかりでなく時には悪いことも起こります。反対に人と接しなければ、悪いことは起きませんが、その代わり良いことも起きません。



ぼっちでいることは楽ですが、ぼっちのままでは人と接することで得られる幸せを、何一つ得ることができないということ。

そう考えると、一般的にぼっちはかわいそうだと思われても仕方がないのかなと。

ぼっちの強みを活かす



大人になってぼっちの人は、子供の頃からぼっちの片鱗を見せていたはずです。

例えば僕の場合は、友達と遊ぶよりも、家で1人でゲームをしていた方が楽しいと思っていました。

友達から誘われても断るし、自分からは絶対誘わないので、そりゃあ当然ぼっちになるわけですよ。

結局そこのところは大人になった今でも変わっていません。

つまり、それが1番自分らしくいられる環境だと思うんですよね。

人によっては、

  • 自分の殻に閉じこもっているだけ
  • しんどいことから逃げているだけ


このように思う人もいるかもしれませんが、性格を変えようと無理をして頑張るほど、「自分らしさ」は失われます。

ですので、性格を変えようとするのではなく、自分の性格に合わせて、幸せになる道を模索するべきなのかなと思いますね。

ぼっちの強みは自分の時間がたっぷりあることなので、その強みを活かして好きなことに情熱を注ぐ。

あるいは、ぼっちであること自体を発信してマネタイズする、というのも1つの方法です。


あわせて読みたい
やらなきゃ「損」な情報発信の方法4つ【今日から与える側になろう】 こんにちは、ひびのです。 情報発信に興味があるけど、方法が分からない方のために記事を用意しました。 僕は、1年以上ブログとTwitterで情報発信を継続しています。 記...


とにかく、目線を下げる



人が悩む時って、理想と現実のギャップが受け入れられないからなんですよね。

ぼっちである自分の人生が、かわいそうな人生だと思ってしまうのもそうです。


目線が高ければ高いほど、理想と現実のギャップは大きくなり、そのギャップを埋めることは難しくなる。



ですので、どうしても悩んでしまう人は、極力目線を下げることを心がけましょう。

明石家さんまの名言に、「生きてるだけで丸儲け」という言葉がありますが、この言葉は正に彼の目線の低さを表していると思います。

まぁそもそも広い視点で考えれば、僕たちの存在なんてホコリみたいなもんですから、そう考えてみると、悩んでいることなんてどうでもよく思えてきますけどね。

今日は、最近思っていることをそのまま記事にしてみました。最後まで読んで頂きありがとうございます。以上です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次