文章を書いて収益化する方法【結論:魅力的な人間になりましょう】

こんにちは、ひびのです。

昨今の副業ブームの中でもよくおすすめされているのが、文章を書いて収益化することです。

かくいう私も挑戦中です。

コロナ禍の社会において在宅で稼ぐということがより注目されていて、しかもパソコン1つでできるというメリットがあります。

しかし、いきなり文章を書いて収益化すると言っても、どうしたらいいか分からないと思います。

この本では、文章を書いて収益化する仕組みや文章力を鍛える方法、心構えなどが書かれています。

詳しく説明していきます。

目次

文章を書いて収益化する方法

文章を書いて収益化する方法について、次の3つの方法が挙げられています。

  1. ブログ
  2. note
  3. 電子書籍

文章を書いて収益化する方法①:ブログ

ブログで稼ぐには、まず自分のブログを立ち上げる必要があります。

無料サービスならばライブドアブログやはてなブログ、有料サービスならばWord Pressがおすすめです。

私がやっているのはWord Pressですね。
最初はとても難しいですが、検索すればやり方はすべて出てきます。

記事の中にアフィリエイト広告を掲載して、その広告経由で商品が売られたり、サービスに契約されれば収入が入ってくる仕組みです。



トップクラスの人ならば月間2000万円を稼ぐことも可能だそうです。

ひびの

夢がありますよね。


あわせて読みたい
WordPressブログの始め方10ステップ【初期設定までまとめて解説】 こんにちは、ひびのです。 本日のお悩み ブログを始めたいけど、始め方が分からないなんか難しそうでできるか心配 こういう気持ちはよく分かります。 今でこそ普通にブ...

文章を書いて収益化する方法②:note

ブログが自分のWeb雑誌だとしたら、noteはコラムやエッセイに近いです。

noteには無料コンテンツと有料コンテンツがあって、いきなり有料で売っても買ってもらえないので、まずは無料で提供してフォロワーを増やす必要があります。



下田美咲さんという方は、noteだけでなんと1.2億稼いだのだそうです。

ひびの

信じられないような金額です。


その他にも、

  • はあちゅうさん
  • るってぃさん


という方が紹介されていて、この方達を参考にしてみてください。

文章を書いて収益化する方法③:電子書籍

kindleでは出版社を通さずに、自分で電子書籍を出版することができます。

本当にすごい時代になりましたよね。
紙の本だと最低でも7万文字は必要ですが、kindleだと1万文字くらいで出せるのだそうです。

私が書いている記事が2000文字〜3000文字くらいで、多い時は4500文字ぐらいはいきます。

慣れてくればコンスタントにこれぐらいは書けるようになるので、1万文字ぐらいならばなんとかなりそうです。

1万文字の本ならばkindleで380円ぐらいで販売でき、Kindle Unlimited(定額の読み放題プラン)ならば読まれた分だけ印税が入る仕組みです。



このように、文章を書いて収益化する方法は色々あって、これにSNSを組み合わせればより認知されやすくなります。

文章でを書いて収益化することは、昔より段違いに簡単になっていると言えます。

文章を書いて収益化するには、魅力的なメディアが必要

文章を書いて収益化するには、魅力的なメディアが必要です。

魅力的なメディアを作るために、次の2つのルートが書かれています。

  1. 編集長になるか
  2. 作家になるか


大きな違いは自分が表に出るか出ないかです。

雑誌の編集長なんてほとんどの人が知らないと思います。

雑誌のテーマにファンがつくということになります。作家の場合は、その作家個人にファンがつきます。

どちらになるにせよ、大事なことは魅力的なメディアを作り、ファンを獲得することです。

例えば私には現在約3000人のTwitterのフォロワーがいますが、果たしてそのうちの何人が私のファンなのでしょうか?

ひびの

1人いれば良いほうだと思います。



これが現実なんですよね。
それでも3000人もいること自体すごいことだし、そこに関しては自分を褒めたいと思います。

では、どうすればファンを増やすことができるのでしょうか?

文章を書いて収益化するための鍵は、「ファン」

文章を書いて収益化するための鍵は、「ファンを増やすこと」です。

  1. 共感性
  2. 新規性
  3. 賛否両論性


ファンを増やすためにこの3つが大事だと書かれています。

まずは読者の共感を得るために、読者のモヤモヤを言語化します。

それによって読者は、自分を理解してくれているのだと共感するのです。もちろんそれは本音でなければなりません。

そして、共感を得ながら新しいことを発信していくことが大事です。

YouTubeにせよブログにせよ、成功している人は流行る前からいち早く始めています。

例えばイケハヤさんの場合は、

  • 地方移住
  • 仮想通貨
  • ビジネス系YouTube


これらをまだ世間が認知する前に発信をしています。

最後が賛否両論性です。
賛否両論ある意見は拡散されやすい特徴があります。

この時のポイントは、みんなが関心のあるテーマを発信するということです。

  • お金
  • 働き方
  • 教育
  • 恋愛
  • 芸能


こういったテーマです。
正直批判を受けるようなことは発信しづらいのが現実だと思います。

私も女性から批判を受けそうなことをツイートしようとして、何度も止めました

しかし、「共感すること・新しいこと・賛否両論あること」を発信をすることで、他と差別化できファンが増えていくのです。

まとめ:魅力的な人間が魅力的な文章を書く

先日とあるドキュメンタリー番組を見ていました。

有名なボイストレーナーがあるアーティストに対して最初にしたことは、発声を教えることではなく、生活習慣や態度を変えることでした。

これは、その人そのものが歌に表れるからです。

文章もそれと同じで、魅力的な人間ならば魅力的な文章が書けるのです。

この本の中でイケハヤさんが何度も、「人としてのあり方が大事」だと言っています。

小手先のテクニックに頼るのではなく、自分自身が魅力的な人間にならなければなりません。

そうして誰かのために文章を書き続けたら、いつかご褒美が貰えるかもしれませんね。

この本はKindle Unlimitedで読み放題です。


あわせて読みたい
Kindle Unlimitedでコスパ最高の読書ライフを送ろう こんにちは、ひびのです。 普段Kindle Unlimitedで読書をしています。 Kindle Unlimitedってコスパいいの?実際に使ってる人の意見が知りたい。 こういう疑問にお答えし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次