【習慣づける方法5選】過去の積み重ねが今の自分を作り上げている

こんにちは、ひびのです。

  • 何をやっても続かない
  • 継続できない


こういう方がたくさんいらっしゃると思います。

何をやっても続かないのは、意志の弱さでもやる気のせいでもありません。

習慣づける方法を知らないからです。つまり継続する方法はその逆です。

習慣づける方法が分かれば、継続することができのです。

詳しく解説していきます。

目次

今の自分は過去の習慣が作り上げている

習慣は言葉や行動、思考の繰り返しです。
それらの1つ1つの積み重ねが今の自分を作り上げているのです。

それはまぎれもない事実です。
勉強ができる子と勉強ができない子の違いは何か?

それは、「勉強する習慣があるかないか」この違いだけです。

スポーツにしても同じです。「小さい頃から練習する習慣があるかないか」この違いは大きいです。

「人に能力の差はなし。あるのは、習慣の差」だだけである。

まずはその事実をしっかりと受け止めることから始めてみませんか。

(「習慣が10割」より「引用)

習慣に違いが生まれるのはなぜか?

ではなぜ習慣の差が生まれるのでしょうか?
それがまさに育った環境です。

私は育った環境がすべてだとは思いませんが、30歳ぐらいまでの人生を決めると思ってます。

子供の時にどれだけポジティブな言葉をかけられたかどうか。それがとても大きいのです。

あわせて読みたい
【頭のゴミの捨て方】これまでの自分を捨てて、自分のモノサシで生きてゆけ こんにちは、ひびのです。 さまざまなモヤモヤのせいで、スッキリした頭で生きていけていない方がたくさんいると思います。 これらのモヤモヤは、 集中力思考力生産性生...


こちらの記事でも書きましたが、ネガティブな言葉は自己イメージをマイナスにします。

それは他人の言葉も自分の言葉も同じです。
それを繰り返すことで脳に刷り込まれ、習慣を作っていくのです。

失敗や辛い出来事も、周囲の言葉によってもしかしたら捉え方が変わっていたかもしれません。


ひびの

そしたら違う人生になっていた可能性もあります。

習慣づける方法5選

他人からの言葉であれ、自己対話であれネガティブな言葉が脳に刷り込まれることで、マイナスの自己イメージが形成され、それに沿って習慣が作られます。


そしてその習慣がこれまでの自分を作り上げた。

それはつまり、「今の習慣を変えることで、未来の自分をも変えられる」ということです。

ここからは習慣づける方法を紹介していきます。

習慣づける方法①:どうなりたいのかをイメージする

習慣は反復によって形成されます。
しかし、思いが深くなければ反復を続けることが難しくなります

「それを続けることで一体どういう自分になりたいのか?」

そのことを鮮明にイメージする必要があります。さらに、

  • なぜなりたいのか?
  • なった後はどうするのか?


ということまで考えると、より大きな原動力になります。

習慣づける方法②:小さな習慣から始める

いきなり難しいことを続けようとしてもまず続きません。それはみなさん感じていると思います。

ですので本当にささいなことでも良いので、簡単なことから始めてみましょう。

大事なことは、何をやったかではなく、何かを続けたことです。

習慣づける方法③:時間と場所を決める

意志ややる気は長続きしません。
必ず波があります。ですのでそれに頼っていては挫折することになります。

いつ、どこでやるのかを決めておきましょう。例えば私の場合だったら、

夜ご飯を食べた後、デスクに向かってブログを書く。


これを何回も繰り返すことで、習慣になってきます。

習慣づける方法④:他人を巻き込む

他人を巻き込むことで、無理矢理やらざるを得ない状況を作ります。

これにはTwitterがとても役に立ちますね。

フォロワー数が増えてくると、やめるのがもったいなくなります。そして共に頑張る仲間がいれば、やめるわけにはいかなくなります。

誰かから反応があると、それもまたモチベーションに繋がります。同じ目的の人をフォローして、宣言してみてください。

必ず応援してくれる人や、一緒に頑張る人たちがいるはずです。

習慣づける方法⑤:1個前の習慣を決める

例えば朝早く起きることを習慣にしたいのならば、夜早く眠らなければなりません。

具体的に時間まで決めるとさらに良いです。他にも、

通勤中に読書をしたいのなら、カバンに本を入れておく。
朝に散歩をしたいのなら、服を用意して寝る。


など、継続したいことの1個前の習慣を意識しましょう。

ひびの

これだけでだいぶ違いますね。

脳の仕組みを理解して習慣づけを強力にする

習慣を作るための基本的なポイントを抑えた上で、脳の仕組みを理解すれば、さらに習慣づけを強力にすることができます。

人間は楽しいことしか続かない

続く習慣と続かない習慣の違いは、「脳が楽しいと感じるか、感じないか」これです。

脳の仕組み上、

楽しいことには接近
楽しくないことは回避


こうなるようになっているのです。ですので、いくら正しいことでも楽しくなければ続かなくて当然です。

脳はマイナスの感情をより記憶する

楽しいことより、辛いことの方が記憶に残っていませんか?

これは脳が同じ失敗を繰り返さないために、マイナスの感情をより記憶するようにできているからです。


ですので人間は、何もしなければ自然とマイナス思考になるのです。

マイナス思考ではやり続けることは不可能です。

プラス思考にする方法

ここすごく大事なところなのでツイートしたんですけど、


例えばネガティブな感情になった時に、

  • ポジティブな言葉に変換
  • ガッツポーズ
  • 口角を上げる


こういう風にプラスの出力に変えることを心がけましょう。

さらに、日々の生活で感じた喜びや楽しさを書き出してみましょう。

このようにプラスに出力することを繰り返すうちに、脳はプラスに変わっていきます。

まとめ

習慣づける方法のポイントは以下の5点です。

  1. どうなりたいのかをイメージする
  2. 小さい習慣から始める
  3. 時間と場所を決める
  4. 他人を巻き込む
  5. 1個前の習慣を決める


今の習慣を変えて、未来の自分を変えましょう!

この本はKindle Unlimitedで読み放題です。


あわせて読みたい
Kindle Unlimitedでコスパ最高の読書ライフを送ろう こんにちは、ひびのです。 普段Kindle Unlimitedで読書をしています。 Kindle Unlimitedってコスパいいの?実際に使ってる人の意見が知りたい。 こういう疑問にお答えし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次