【スキマ時間で副業】今流行りのクラウドワークスを初心者向けに解説

クラウドワークスは、「インターネット上で不特定多数の人に発注する雇用形態=クラウドソーソング」のプラットフォームの1つです。

  • 在宅
  • スキマ時間
  • 副業


この3つのキーワードを完璧に満たしていると言えます。

本業で忙しいサラリーマンや家事で忙しい主婦の方でも、家にいながらスキマ時間で副業をすることができます。

今回はクラウドワークス初心者の方向けに、クラウドワークスの特徴や仕組みなどを紹介していきます

目次

クラウドワークスの仕事内容

  • システム開発
  • アプリ・スマートフォン開発
  • HP 制作・Webデザイン
  • ECサイト・ネットショップ構築
  • デザイン
  • ネーミング・アイデア
  • ライティング・記事作成
  • 事務・カンタン作業
  • ビジネス・マーケティング・企画
  • 翻訳・通訳サービス
  • 写真・画像・動画
  • 3G-CG制作
  • ハードウェア設計・開発
  • 音楽・音響・ナレーション
  • 暮らし・社会
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集


クラウドワークスの仕事はこのようにカテゴリ分けされていて、選択するとそれぞれさらに細かく分類されています。

一見すると、特別なスキルや経験がないと難しいのかなと思ってしまいますが、そうでなくともできる仕事もあります。

クラウドワークスの特徴と注意点

次にクラウドワークスの特徴と利用する上での注意点を紹介します。

特徴① 業界最大手で安心感がある

クラウドワークスはクライアント企業数67万社、クラウドワーカー410万人(2020年9月時点)のクラウドソーソング業界最大手のプラットフォームです。

利用している人が多いので情報も集まりやすく、クラウドソーシング初心者には助かります。

特徴② 案件数が多い

他のプラットフォームと比べて案件数が圧倒的に多いのがクラウドワークスです。

仕事の種類も246種類に及び、未経験者でもやりやすいスキルを問わないデータ入力やアンケート、自身の経験を活かせる専門的な仕事など多岐に渡る仕事の中から自分に合った仕事を選ぶことができます。


特徴③ スキマ時間に在宅でひとりでできる

老後2000万円問題がセンセーショナルに報道され、副業をして資産を増やしたいという方がたくさんいると思います。

昔と比べて多様な働き方ができるようになり、家にいながらお金を稼ぐ環境が整ってきました。

主婦の方や定年退職されたシニアの方、人間関係が苦手な方にとってもスキマ時間に在宅で、しかもひとりでできる環境は大変ありがたいと思います。

注意点 悪質なクライアントがいる

クライアントの中には個人情報を聞き出して、勧誘したりする悪質なクライアントがいます。

知識のない初心者は特に要注意です。
そういうトラブルに巻き込まれないためにも、

案件の詳細
発注者のプロフィール
受注者からの評価


これらを契約する前にしっかり確認しましょう。

クラウドワークスの案件の仕組み

クラウドワークスの案件には次の3つの形式があります。

  • タスク形式
  • プロジェクト形式
  • コンペ形式

タスク形式

タスク形式は契約などのやりとりは不要で、クライアントが作成する作業フォーム上で誰でもできます。

プロジェクト形式

プロジェクト形式はタスク形式とは異なり、クライアントが提示した案件を見て仕事がしたいと思った場合、ワーカーはまず応募をします。

クライアントとやりとりをして、金額・工程・納品日を決めます。
条件が成立したらクライアントからクラウドワークスに仮払いが行われ、仕事を開始します。

支払い方法には、時間単価性と固定報酬制があります。

コンペ形式

コンペ形式は不特定多数のワーカーが提案したものからクライアントが選定して、もし選ばれたら報酬を受け取ることができます。

まとめ

最後にクラウドワークスの口コミを紹介して終わりたいと思います。


初めてクラウドソーシングをやる方は、まずは仕事のやり方自体に慣れる必要があります。

ですので初めはアンケートやデータ入力など、簡単なタスク形式の案件をこなしていき、慣れてきたらネーミングでコンペに参加したり、ライティングなどをやっていくと良いと思います。


Twitterの書き込みにあるように、あまりに単価が安すぎる案件や他の案件に誘導するような詐欺まがいのクライアントにはくれぐれも気を付けましょう。

必ずしもメリットばかりではないかもしれませんが、未経験でもスキマ時間に在宅でできるという点は大きいです。

一度やってみる価値はあると思います。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次