仮想空間で稼ぐ時代がやって来る?【メタバースの本を要約しました】

仮想通貨・NFT・そしてメタバース。
この3つのキーワードは、これからの時代を生きる上で抑えておかなければなりません。

先月Facebookが社名を「Meta」に変更することを発表し、メタバースが一気に注目されました。

今回はメタバースがよく分からない方向けに、「メタバース大富豪になる前に知っておくべき5つのこと」という本を要約してみたいと思います。

目次

本書の要点「メタバース大富豪になる前に知っておくべき5つのこと」

要点①

メタバースとは「メタ」と「ユニバース」を合体させて作られた造語で、ネットワーク上に構築された仮想空間のことである。

要点②

メタバースはただの仮想空間ではなく、ユーザーが収益を得ることもできる。

要点③

メタバースには物理的距離は関係なく、コロナ禍において新しいコミュニケーション手段になる。

メタバースの人気が急上昇した背景

メタバースはインターネット経由でアクセスできる仮想空間ですが、最近特によく耳にするようになりました。

しかしメタバースは昔からあって、2000年代前半から主にゲームで使われていました。

  • セカンドライフ
  • あつまれどうぶつの森
  • フォートナイト
  • マインクラフト


これらはメタバースを利用した人気ゲームです。

「あつまれどうぶつの森」は私も当時めちゃくちゃハマりましたが、これがメタバースだという認識はありませんでした。

なぜ最近になってメタバースという言葉が大流行したのでしょうか?

パンデミックの影響


1つ目の理由は昨今の時代背景にあります。
パンデミックの影響でリモートワークが増え、出掛けるよりも自宅で過ごす時間が圧倒的に長くなりました。

そして、友人と会う機会も激減しオンラインでの交流が盛んに行われるようになりました。
オンライン飲み会やZOOM会議なんかはその代表例ですよね。

メタバースではより大人数でオンラインでの交流を楽しむことができます。

仮想通貨バブル

ここ数年で仮想通貨の認知度が飛躍的に高くなりました。

仮想通貨の価値が何倍にもなり、NFTアートが億単位で取引されるなど仮想通貨バブルと呼べる状況です。

仮想通貨の根幹となっているブロックチェーン技術を使ったメタバースも存在し、仮想通貨を使って土地を買うこともできます。

そして、ゲーム内で獲得したアイテムをNFT化して売ることで、ユーザーが収益を上げることもできます。

今は仮想空間で資産を築ける時代になっていて、仮想通貨の誕生がメタバース人気の背景にあります。

Facebookが「Meta」に社名を変更


個人的にはこのニュースがメタバースの認知度を高めた1番の要因だと思います。
私もこのニュースを見て、メタバースという言葉を知りました。

日本経済新聞
Facebook、社名を「メタ」に変更 仮想空間に注力 【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックは28日、同日付で社名を「Meta(メタ)」に変更したと発表した。2004年に発足した同社はSNS(交流サイト)を軸に成長してグル...


Facebookはメタバースの構築に1.1兆円の資金を投じて、今後はSNS事業からメタバース事業にシフトしていくことを決めました。

FacebookだけでなくMicrosoftもメタバースに力を入れています。

メタバースの特徴

非日常性

現実世界では体験できないような非日常的な体験ができることがメタバースの大きな特徴です。
VR技術の発展により、よりリアルに仮想空間を作ることができるようになりました。

仮想空間では雲の上や海の中などなんでもありです。
現実では不可能なことを可能にするのがメタバースです。

収益化

従来のメタバースと大きくことなるのが、ただ楽しむだけでなく収益化ができるという点です。

それを可能にしたのがNFTです。

メタバース内の土地やアイテムなどさまざまなものがNFT となっており、ゲーム内のマーケットや外部のマーケットプレイスで売ることができます。

従来のメタバースではアイテムは簡単にコピーできてしまい、サービス自体が終わると何も残りませんでした。

しかし、NFT化したアイテムはブロックチェーン技術によってコピー不可能となり、消えることはありません。

そして、当然その価値も上がります。
NFTについてはこちらの記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
NFTとは?本読んでみたので簡単に要約しました 最近「NFT」とか「仮想通貨」という言葉をよく耳にしませんか? なんかよく分かんないデジタルアートがとんでもない価格で売れたりとか、仮想通貨ですごい儲かってる話...

物理的距離をなくす

メタバースはインターネット上の仮想空間なので国境は関係ありません。
世界中の人々と同時に多人数で楽しむことができます。

2020年4月に、アメリカの大人気ラッパーのトラヴィス・スコットが「フォートナイト」内で行ったバーチャルライブは大きな反響を呼びました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次