映画「ムーンフォール」ネタバレ感想【天文オタクが世界を救う?】

こんにちは、ひびのです。

映画「ムーンフォール」を観たので、あらすじとネタバレ感想を書きました。

まぁ普通に楽しめるSFパニック映画だなと思いましたね。

細かい点で突っ込みたくなるところはありますが、大人から子供まで楽しめるのではないでしょうか。

ネタバレを見たくない方は、Amazon Prime Videoで独占配信されているので、そちらを先に観てください。

ひびの

それではいきましょう!


目次

映画「ムーンフォール」あらすじ&見所

あらすじ

2021年、NASAの宇宙センターは衝撃と緊張に包まれる。謎の力で軌道から弾かれた月が、数週間で地球に激突するというのだ。謎に立ち向かう危険な任務に、NASA副部長のジョー(ハル・ベリー)、超一流の宇宙飛行士だったが、ある事故の責任からNASAをクビになったブライアン(パトリック・ウィルソン)、自称“天文学博士”で陰謀論者のK.C.(ジョン・ブラッドリー)が挑む。果たして、最終手段の核爆弾が用意され、人々がパニックに襲われる中、彼らは人類を救うことが出来るのか? そして月に隠された秘密とは?

引用:Amazon Prime Video

予告編

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次